早めの出産が良い理由

いろいろな薬

子宮や卵巣や卵管などの構造に問題がある場合、機能に問題がある場合、また男性側に問題がある場合など原因は様々であり、複数の原因が重複していることもあります。どのような原因があるかによって不妊治療の内容も変わってきますが、明らかな原因が見つからない不妊も多く存在します。本当に原因がないのではなく、検査では調べる手だてがなくわからない原因がどこかに潜んでいるのです。 その一つに加齢などによる卵子の老化があげられます。女性の社会進出がさかんになるにつれて晩婚化が進み、それにともない第一子出産年齢も上がっているのが近年の傾向です。女性の卵子の数は決まっており、年々減少していくとともに機能も落ちてきます。将来子供を望むのであれば、卵子は老化していくという事実を知っておく必要があるのです。

不妊の明らかな原因がわからず、不妊治療を続けても結果が出ずに時間だけが過ぎ、年齢を重ねていくという方もたくさんいらっしゃることと思います。妊娠に至る確率は35歳を境に明らかに低下すると言われています。また、卵子の老化によって奇形の赤ちゃんになったり流産をしたりする確率も高くなります。不妊治療を受けるのであれば、できるだけ早く妊娠し元気な赤ちゃんを出産するというゴールを見据えて適切な治療を選択することが必要です。 また、不妊治療のため通院する以外に、自身の体を妊娠しやすいように整えることも大変重要なことです。居心地の悪い場所は赤ちゃんも好みませんので、例えば冷えの対策をしたり、血行をよくしたり、栄養の十分ある食事を心がけたり、ご自身でできることを不妊治療とともにやっていくこともとても重要なことなのです。